中期経営計画

New Challenge 2020」(NC2020

~長期ビジョン「IK Vision 2030」の達成に向けて~

2017年3月期に終えた「New Challenge 2016」に続き、2021年3月期を最終年度とする
4ヵ年の中期経営計画「New Challenge 2020」を2017年5月に策定いたしました。

この計画策定に先立って、今後10~15年後に、
当社のありたい姿である長期ビジョン「IK Vision 2030」を想定しました。

長期ビジョン「IK Vision 2030

2025~2030年の当社のありたい姿
商社機能を基本としつつも、製造・物流・ファイナンス等の
複合的な機能の一層の高度化を図る
連結売上高 1兆円以上を早期に実現
70%以上
情報電子・合成樹脂以外の事業の比率を1/3以上に

中期経営計画「NC2020

長期ビジョン「IK Vision 2030」の達成に向け、
そのスタートとなる4ヵ年の中期経営計画
定量目標(2021年3月期)
7,300億円
親会社株式に帰属する
120億円
155億円
/
0.4以下
160億円
※想定為替レート USD1=110円
重点施策
1.
海外事業のさらなる拡大と深化
2.
成長が見込める市場・未開拓分野への注力
  • 自動車、ライフサイエンス・医療、環境・エネルギー分野へ引き続き注力
  • 農業を含む食品分野への新たな展開
3.
グローバルな経営情報インフラの高度化
  • グループ全体最適の徹底
  • 海外事業のマネジメントの高度化と標準化
4.
商社ビジネス拡大に向けた投資の積極化
  • 商社ビジネス拡大を主たる目的としたマイノリティー投資の実施
  • リスク・金額を限定したマジョリティー投資の検討
5.
保有資産の継続的な見直しと財務体質の強化
6.
グローバル人財マネジメントの確立
業績の推移
業績の推移