稲畑産業TOP > 会社案内 > 会社沿革

会社案内

会社沿革

1890
京都市に稲畑染料店を創業
創業時の稲畑染料店創業時の稲畑染料店
1891
「IK」を商標と定める
1984
東京出張所を開設し、大阪の染料商として初めて関東に進出する
稲畑勝太郎らが発起人となって、毛斯綸紡織株式会社を創立する 毛斯綸紡織株式会社 - 1895年当時女性の和服用に大量に輸入されていた、薄地で柔らかくまた温かいというウール素材の毛斯綸(モスリン)の国産化を目指して、稲畑勝太郎らが発起人となって、毛斯綸紡織株式会社を大阪に設立しました。 翌1896年稲畑勝太郎自ら紡織技術の研究と機械設備購入のために単身フランスに出張、苦労してモスリンの製法を探って帰国しました。この時、フランス・アルザス社の紡織機械が最良であると知ったことが、当社がアルザス社と取引をする契機となりました。
東京出張所開設東京出張所開設
1897
稲畑勝太郎、フランスから映画機械「シネマトグラフ」を持ち帰る 稲畑商店、日本で最初の映画を興行 - 1897年2月15日から1週間、稲畑商店は大阪難波の南地演舞場で、シネマトグラフという機械を用いて、日本最初の映画を上映しました。「観客は動く写真を見てびっくり仰天した」と当時の新聞が伝えています。稲畑勝太郎は、シネマトグラフを発明したリュミエール兄弟の兄とフランス留学中に同窓生でした。毛斯綸紡織株式会社の用務で勝太郎が渡仏中に再会。初めてシネマトグラフを見て、欧米の最新文化を日本に紹介しょうと、この機械を持ち帰ったのです。
稲畑染工場を創立する 稲畑染工場 - 1897年5月、大阪に稲畑染工場を設立して、最新技術を導入した染色加工業に進出しました。特にえび茶染は、”稲畑染”と呼ばれて明治中期から女学校の制服や婦人用袴に使われ、流行しました。また日露戦争の際には、独自のカーキ色を考案して、戦場で目立ちにくい軍服の色として陸軍省に正式採用されました。
本店を大阪市(現在地:大阪本社)に移転、京都店を支店とする
大阪本社大阪本社
1908
中国・天津に東華洋行を設立、これを稲畑商店天津支店として、
販路を開拓する(1922年廃止)
1918
個人商店を法人化し、株式会社稲畑商店となる
1922
稲畑勝太郎、大阪商業会議所(現・大阪商工会議所)
第10代会頭(~1934年)に就任する
1926
稲畑勝太郎、日本染料製造㈱の社長となる 日本染料製造株式会社 - 当時輸入に頼っていた合成染料の国産化を奨励する国策のもと、1916年日本染料製造㈱が設立されました。稲畑勝太郎は、同社の創立に参画し、監査役に就任しました。その後社長に就任し、準官営から民営化して積極経営にまい進し、国産染料の普及に貢献する他、化成品、医薬品へと業容を拡大しました。しかし戦争の進展に伴った統制の国策により、1944年7月住友化学工業㈱(現 住友化学㈱)と合併しました。この合併により、日本染料の特約関係はそのまま継承されて、元日本染料の全製品について、住友化学の特約販売店に指定されました。住友化学と当社との緊密な関係は、この時から始まったのです。
1930
名古屋出張所を開設する
関東大震災で焼失した東京支店新社屋落成
1935
稲畑染工場を東洋紡績㈱に譲渡する
1937
稲畑太郎、第2代社長に就任する
ベルギー・ブリュッセルに出張所を開設する
1939
中国・上海、天津に出張所を開設する
1940
インドネシア・バタビヤ(現・ジャカルタ)、韓国・ソウル、中国・青島、奉天に出張所を開設する
1943
商号を稲畑産業株式会社に変更する
インドネシア・ジョグジャカルタに出張所を開設する
1944
日本染料の住友化学工業㈱(現・住友化学㈱)と合併に伴い、当社は住友化学工業㈱の染料、
化学品、医薬品の特約販売店となる
次へ 1945 - 1990