せめぎ愛
SCROLL
Session
01

久しぶりの再会を祝って、乾杯!

松本久々の再会を祝ってカンパーイ!同期3人、今日はゆっくり呑みましょう。吉川は帰国したばかり?

吉川昨日帰ってきた。また日曜にはジャカルタに戻るよ。

松本忙しいな〜、向こうでも管理系の仕事やってるらしいね。

吉川現地法人4社の経理、財務から人事、総務まで営業以外は全部やってる。インドネシア人ののんびりしてるところは自分の性に合ってるけど、その雰囲気を保ちながら、いかにきっちり仕事をしてもらうかのバランスが、管理する立場としては難しいんだよね。初田は異動したんだっけ?

初田そう、情報電子から生活産業の食品部に異動して、今は北海道で東京ドーム3個分もある畑でブルーベリーや野菜なんかを栽培してる。ほんと、今までとは全く違う分野だからもっと勉強したくて、休みの日には自分で実際に肥料撒きに行ったり。見て、これ。(写真を見せる)

吉川いい笑顔でジョウロ持ってる(笑)!

松本初田といえば、スーツで電話しながら、ノートPCでメール返しながら、忙しく移動している姿の印象が強いからすごく意外だよ!変わったなぁ。

初田そうだな(笑)。昔じゃ考えられない姿だけど、新しいことばかりで楽しいよ。まっちゃん(松本)は何してるの?

松本変わらず、合成樹脂第二本部でゴミ袋なんかに使う包装原料を扱ってる。

吉川まっちゃんは、管理部門や住環境と色々経験して合成樹脂に落ち着いたんだね。

初田みんな色んな場所で色んな仕事をしてるから、こういう機会じゃないとなかなかみんなの仕事内容も把握できないな。いつもは他愛ない話しかしてないもんな~。

Session
02

若手時代の苦労も、今では肴。

吉川仕事の話が少ないのは、同じ部署になったことがないからかもね。同期に対して変な競争意識もないし。

松本確かに。入社して15年以上経ったけど、不思議と関係性は変わってないね。なんだかんだ、声をかければみんな集まってくれるのもありがたい。

吉川それはこっちの台詞で、まっちゃんが音頭をとってくれるからみんな集まれるんだよ。

初田昔、自分が大変な時にも集まって、見守ってくれてたよね。ありがたかった。

松本大変な時って、辞めようとしてた時のこと?

初田そう、2年目でまだ管理部門にいた時。悩んで、退職願を出そうとしてた。

吉川あの時は結構みんなで心配したな。

松本本当にね。でもあの後営業に異動して、自分のやりたい仕事でイキイキしている初田が見られて良かったよ。

初田あの時はありがとう。若い時といえば、二人は一緒に労働組合で活動してたよな。まっちゃんが委員長で、吉川が副委員長。

松本あの時は吉川にかなり助けられた。社長との交渉の時も言うべきことはズバって言ってくれるんだよなあ。

吉川自分ではそんなつもりはなかったけど、確かに、納得できるまでやり切るようにはしてたかな。仕事に妥協はしない。でもやりきったあとは悩んでも意味ないし、あまり気にしないように心がけてるよ。

松本ウチは社員一人ひとりの考え方や働き方が尊重されているから、「これが自分のスタイル」というのを持っている人が多いよね。聞いたことなかったけど、初田はどんな思いで仕事をしているの?

初田「替えがきかない存在」になることかな。ただモノを動かすだけの商売ならいつ外されてもおかしくないと思うから、ウチだから提供できる機能をつくろうとしてる。担当営業としても、お客さんの社内向けのプレゼン資料づくりを任されるくらい入り込む。そうしたら簡単には替えられないからね。まっちゃんは?

松本「謙虚でいる」ことかな。営業だからお客さんと親しくなるのは大切だけど、その関係を勘違いして甘えすぎると、後で必ずしっぺ返しがくると思ってる。

吉川何か苦い経験があったとか?

松本仲良くしていたと思っていたお客さんが、担当が変わってから当時の上司に「やりにくかった」と話していて。かなりショックだったね。でも若いうちに経験できたから、自分と相手の感覚にはズレがあると早く気づけたし、その分相手の考えや思いにも敏感になれたから、良かったよ。

Session
03

仕事も人生も、楽しんだもん勝ち。

吉川今日は久々に仕事の話をしたけど、本当に15年前に入社した時からは想像できないくらい変わったよね。

松本最初はみんな不安だらけだったよね。僕も、入社して最初の配属先が今から立ち上がる新規部署だったから、その先のキャリアの想像なんてつかなかった。でも、今なんとかなってるしね。

初田15年働いて、そりゃ辛い時もあったけど、稲畑っていろんな人がいて、許容して信用してくれる風土があるから今までやってこれたなと思う。1回の失敗くらいじゃどうってことないっていうか。

松本捨てる神あれば拾う神あり、って感じでいろんなチャンスに巡り会えるよね。

初田そう。ものすごく失敗して怒られても、次のチャンスをくれる。おかげでここまで成長できたなあって。それは今の若手達にも知ってほしいことかも。

松本確かに。見通しやリスク管理の甘さとかが原因で失敗しても、その反省を成長の糧にして努力すれば、次のチャンスにつながる。だから、若手達には、恐れず常に攻める気持ちでいてほしいな。

吉川そうだね、自分の可能性や仕事の分野を限定してしまうのは、勿体ないからね。

初田本当にそう。あとは、仕事を楽しんでほしい!嫌々やっても、仕事に費やす時間って変わらないわけで。だから、仕事に興味を持って工夫する積極性を持ってほしい。困難があっても、悩む前に解決策を探して、ゲームみたいに解いていってほしい。

吉川そうそう、仕事って自分次第で楽しめるし、楽しんだもん勝ちだってことは知ってほしいね。稲畑にはそれを後押ししてくれる環境もあるし。もし自分が15年間嫌々仕事をやっていたらと思うと、ゾッとするよ。どんなに時間を無駄にしていただろうって。

松本そうだよね。楽しんでいたから続けられた。その楽しめた理由には、同期の存在もあると僕は思ってるよ。やっぱり人って大事で、その意味で、出世も仕事内容もプライベートも関係なし、集まって、飲んで話して、気づいたら自分の横にいてくれる仲間がいるのは、僕にとって本当に心強かった。

初田確かに、この関係は入社20年目だろうが30年目だろうが変わらない確信があるね。

吉川さすが、二人ともいいこと言う!じゃあ、もう一杯おかわりいきますか。