稲畑産業株式会社 社内報「いなほ」216号
3/8

 現在、稲畑韓国からベトナムと米国に出向者を派遣しており、海外現法から別のリージョンへの出向者派遣は初めての試みだと思います。韓国の大手企業は海外投資が非常に活発で、多くの韓国人が海外駐在員として活躍しています。その韓国企業とビジネスを広げていくためには、稲畑韓国メンバーの海外駐在は自然の流れでした。これが稲畑の更なるグローバル展開のための、良い先例となれば幸いです。その為にも、彼らの現地での活躍に心から期待しています。櫻井弘樹社長稲畑韓国稲畑韓国Vol.7韓国企業のグローバル展開とともに韓国から世界へ羽ばたけ!Huntington Beachロサンゼルスオフィスの皆さんと※設立年は登記完了日。金成泌さん(2010年12月入社)キム・ソンピル稲畑アメリカロサンゼルスオフィス 出向 社員の出身国が9カ国と国際色豊かな稲畑アメリカで、情報電子と合成樹脂を2016年4月から担当しています。販売先はメキシコのティフアナに工場を有する日系や台湾の家電メーカーで、週2、3回は国境を往復しています。仕入先は韓国系企業が多く、稲畑韓国時代からの人間関係が生かせています。現在は北米に進出、もしくは進出を計画している日系、中国、韓国の家電・自動車メーカーなどの新規開拓に取り組んでいます。 カリフォルニアは気候が温暖で、冬でも気温が10度以下になることは滅多にありません。毎日青空を見る事ができる素敵な場所です。オフィスから20分ほど離れたところには「サーファー天国」といわれるHuntington Beachがあります。来年の夏はそこでサーフィンにチャレンジしたいです!(鮫が出るという噂も聞きますが…)ベトナムの棚田ハノイオフィスの皆さんと※設立年は登記完了日。 金善教さん(2013年11月入社)キム・ソンギョ稲畑ベトナムハノイオフィス 出向 ベトナムに進出する韓国系大手電機・自動車メーカー向け合成樹脂ビジネスを2014年から担当しています。ベトナムで人間関係を築きニーズを発掘し、稲畑韓国と共にメーカー本社にアプローチします。IKJ社員とは日本語、ベトナム人スタッフとは英語が基本ですが、言語の壁を感じることもあります。辞書を活用して言葉を正確に使い、相手の話をよく聞き、日本・韓国・ベトナムの文化の違いを理解しながら、チームワークが発揮されるよう日々努めています。 ベトナムは心が純粋で家庭を大事にする人が多いと感じます。韓国式の「より速く」に慣れた自分には新鮮で、心の余裕の大切さを教わりました。一方、ベトナム料理は韓国と異なり淡白で最初は戸惑いましたが、太った人が少ないのはこの味付けと運動量が秘訣かも…。ベトナム料理はダイエットにオススメかもしれません⦆!北米で主に韓国の商材を販売ベトナムにある韓国ユーザーに樹脂を販売出向先からのメッセージ稲畑韓国~世界の仲間と出会う旅~5

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る