稲畑産業株式会社 社内報「いなほ」209号
4/11

 IK上海は現在、合成樹脂、電子材料、化学品、染料などを中心とした様々な業界向けの取引を行い、皆さんに「ミニIKJ」と呼ばれています。ますます厳しい市場競争に追い込まれながらも、好調を保てる秘訣は、①ビジネスチャンスの掘り起こし②顧客とのアプローチ③見積・交渉④品質管理・納期管理⑤回収までを1人でこなせる自己完結型の営業マンをはじめとする社員の能力の高さです。また、国際感覚豊かで進取の精神にあふれた管理職、スタッフが一丸となり、自然と活発な社風が生まれています。常に新規開拓の視点を持ち、積極的に攻める営業担当と、既存顧客にスピーディー且つ精度の高いサービスを提供する営業アシスタントおよび管理部のメンバーは、まるで野球のピッチャーとキャッチャーのような関係で、力を合わせて「良い会社」を目指して日々頑張っております。 最後に、IK上海の良さを中国語でお伝えします。「攻守兼备,方可稳中求胜!」(攻守兼ね備えれば、安定の中で勝利を追求できる)せました。 拠点のニュースや、注目ビジネス、面白い社員の紹介など、各拠点ならではの話題をぜひお寄せください! 後列左から朱麗萍さん、潘雲斐さん、兪娉婷さん、徐佼潔さん前列左から孫躍華さん、陳㑇さん、周潔瑋さん攻めと守り、力を合わせて「良い会社」を目指す!海外拠点NEWS募集中!! 2月1日(日)、日頃の社員へのサポートに対する感謝をこめて、ご家族の皆さんを新オフィスにご招待。会社への理解をより深めていただくよい機会となりました。 朝10時、幹事のスタッフは準備万端でピンクとパープルのアーチ門風船で飾られた入口に立って、社員とそのご家族の来訪を歓迎! 事務区、会議室、食堂などを自由参観してもらうなかで、仕事上では見られない笑顔が溢れていました。 参観時間が終わった後、みんなで食堂に集まり、無敵景観を眺めながら美味しいお菓子を食べたり、クイズをしたり。事務所内に子どもたちの笑い声が響く楽しいひとときを過ごし、15時には無事、円満にオープンハウスデーを終了いたしました。オープンハウスデー開催!左から幹事の朱宏彪さん、朱麗萍さん、劉長民部長幹事の田雅男さんとご家族笑顔が溢れている社員とご家族の皆さん子どもたちの笑い声が響く食堂内NEWS社員みんなと力を合わせて日々頑張っています!IK上海の“キャッチャー達”『いなほ』では、海外拠点のスタッフの方にレポーター役になっていただき、拠点の魅力を紹介していただく企画をスタートさ※この記事は晏さんが日本語で執筆して下さいました。5

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です