稲畑産業株式会社 社内報「いなほ」209号
3/11

快適さを追求した空間と無敵の景観上海稲畑産業貿易有限公司Vol.1 IK上海新オフィス!エントランス緑いっぱいの植物園オフィスカフェのような食堂IK上海が入っている恒生銀行大厦(中央のビル)小休憩やランチに最適です。高層ビルが建ち並び、見晴らしは最高です。仕事がどんどんはかどります!IKW RLD~世界の仲間と出会う旅~ 1996年に設立したIK上海は、上海の金融・貿易の中心地である陸家嘴金融貿易中心区に位置する恒生銀行大厦(旧森茂ビル)にあり、地下鉄の駅や各国レストランが周辺に多く集まっている便利な立地です。「上海三大高層ビル」と呼ばれる上海中心大厦(Shanghai Tower 632m)、上海環球金融中心(Shanghai World Financial Center 492m)、金荗大厦(Jin Mao Tower 421m)も徒歩圏内にそびえ立っています。 2015年1月1日より、IK上海オフィスは恒生銀行大厦の7階から、明るくて広々とした43階に引っ越しました! 従来のオフィスが手狭になり、会議室も足りなかったためです。人間工学に基づいた135度の〝ブーメランデスク〞、無敵の景観を眺められる〝カフェのような食堂〞、緑いっぱいの〝植物園オフィス〞等、限られた予算内で「社員の皆さんが気持ち良く仕事ができるオフィス」というコンセプトが形に現れ、社員と会社の絆が深まりました。 今度、上海にいらっしゃる際には、是非IK上海新オフィスを見に来てくださいね。超高層ビルがそびえ立つ大迫力の風景!人間工学に基づいた135度の事務机が並ぶオフィス(視線がぶつからず、快適に仕事ができる)上海稲畑・内部統制室(兼企画室)の晏 明玥(アン ミンユエ)と申します。IK上海の一員となって4年、仕事は先手先手で「働きかけ」ていくことが重要で、受け身でやるものではない、という気持ちで頑張っています!窓から見た上海三大高層ビル今回のレポーター晏 明玥さん4

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です