いなほ208号
8/12

810IさんR子さん従 来:配当性向 20~30%程度変更後:総還元性向30~35%程度総還元性向=(配当金額+自己株式取得額)÷連結純利益×100企業が市場に流通している自社の株式を自らの資金を使って買い戻すことです。2014年8月、当社は自己株式の取得、自己株式の消却、配当政策の基本方針の変更について、相次いで適時開示を行いました。ここではIR企画部が、分かりやすく解説いたします。私が解説します!宜しくお願いしますについて株還施株主の皆様への利益還元のためです。IKでは配当による株主還元を最重要政策の一つと位置づけています。この方針に変更はありません。今回は、株主還元をより一層重視し、明確な形で実施するために、その目安となる基準と比率を変更しました。注)配当性向とは、純利益のうち、どれだけを配当金の支払いに向  けたかを示す指標です。自社株買いをすると市場で流通する株式数が減りますので、需給の改善につながります。また、自社の利益(見通し)が変わらなければ、1株当たりの利益が増えることになります。主元策4000円100株40円1株当たりの利益例)A社が株式100株のうち、20株を自社買いする場合、  純利益(見通し)を4,000円とすると÷=100株20株50円10円アップ÷-=株価は、将来の利益によって動く場合が多いので、1株当たりの利益(見通し)が増えると、株価の上昇が期待できます。つまり、私が投資したお金(株式)が稼ぐ利益が増えるのですね。では、1株あたりの利益が増えるとどうなりますか?Q.4自社株買いした株式を消滅させることです。消滅させることで、二度と市場に流通しないことが確定しますので、需給の改善や1株当たり利益の増加がより確かなものになります。株主の皆様への利益還元の指標です。配当と自社株買いの合計額が純利益に占める割合です。「総還元性向」って何ですか?Q.7自己株式の消却とは?Q.523.41株当たり配当額(円)配当性向(%)27.228.722.030.423.411/3期12/3期13/3期14/3期15/3期(予)26.021.521.022.123.021.930.023.030.0●1株当たり配当額と株主還元指標総還元性向(%)総還元性向〈IR企画部〉10株10株10株10株10株10株10株10株10株10株10円10円10円10円10株10株10株10株10株10株10株10株10株10株10株10株自己株式取得(自社株買い)ってどういうことですか??Q.1目的は何ですか?Q.2どんな効果がありますか?Q.310円10円10円10円10円IKの株主還元の考え方は?Q.64000円4000円4000円4000円4000円4000円4000円4000円4000円

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です