amuse boucheIKものがたりこれもINABATAいなほGallery
○印にマウスオーバーすると、拡大画像がご覧いただけます。

1946(昭和21)年 戦後使用した染料缶ラベル

戦前からの統制が解除され、当社は染料の取扱いを再開、1949年には住友化学(当時日新化学)の特約店となりました。また優先外貨による輸入が再開した翌年からは、スイス・カイギー社、米国インターケミカル社などの特約店となり染料の輸入を拡大していきました。当時の染料缶ラベルにも、もちろん「IK」ロゴがつけられています。

1948(昭和23)年 創業者・稲畑勝太郎の書 
「愛敬(IK)」

創業者・勝太郎は「愛敬」の精神を基本とし、「誠の心あってこそ社会の信用を得ることができる」と説きました。 (龍峯は勝太郎の雅号)

1954(昭和29)年 新築された大阪本店社屋

戦後の混乱期を乗り切り、1954年5月、大阪本店の新社屋が再建されました。社屋の一番上に「IK」を掲げ、復興から高度経済成長の新たな時代に突入していきました。

1987(昭和62)年 タイにSiam Inabata Co., Ltd設立

日系企業進出がすすむタイに、現地法人Siam Inabata Co., Ltd.(現 Inabata Thai Co., Ltd.) を設立。海外展開はその後さらに拡大していきました。 設立当時の同社の受付にも「IK」が掲げられました。

2001(平成13)年 現在の「IK」マークと社名ロゴ

2001年、当社では「稲畑産業株式会社クリエイティブガイドライン」を制定し、ロゴタイプを統一しました。
110年の間培ってきた伝統と信頼を受け継ぐと共に、これからの未来を担う活力と個性を表現し、「IK」は現在の色と形になりました。

 

ページトップに戻る
表紙に戻る